どうもこんばんわ、マキです(。・ω・)ノ゙

とりあえず、勢いに任せて書けるだけ書いていきます。
今回は残りのメインボード編になります。


烏丸マキ「青緑感染」
193大須店 デュアラン争奪レガシー(スイス4位)

《霧深い雨林》
《吹きさらしの荒野》
《樹木茂る山麓》
《墨蛾の生息域》
《ペンデルヘイヴン》
《ドライアドの東屋》
《不毛の大地》
《Tropical Island》
《森》

-土地 (19)-

《ぎらつかせのエルフ》
《荒廃の工作員》
《貴族の教主》

-クリーチャー (12)-
《激励》
《狂暴化》
《巨森の蔦》
《強大化》
《意志の力》
《呪文貫き》
《目くらまし》
《もみ消し》
《渦まく知識》
《ギタクシア派の調査》
《森の知恵》
《輪作》
《緑の太陽の頂点》

-呪文 (29)-
《ヴィリジアンの堕落者》
《屍百足》
《青霊破》
《狼狽の嵐》
《意志の力》
《原基の印章》
《四肢切断》
《外科的摘出》
《形成師の聖域》
《輪作》
《真髄の針》
《墓掘りの檻》
《ボジューカの沼》
《カラカス》

-サイドボード (15)-
@Raven.Maki


■カウンター
Force of Will Spell Pierce Daze
打ち消しも昔からのオーソドックスな《意志の力》、《呪文貫き》、《目くらまし》の3種類にしています。比較的丸く、こちらの攻め手の阻害にならないようなものを選択している感じですね。 枚数も3-2-3とたぶんごく一般的なものだと思いますが、4枚目の《目くらまし》や、2枚の《呪文貫き》を《狼狽の嵐》と分けて入れるようなことはしていません。

4枚目の《目くらまし》については、序盤に引いておきたかったりするため増量も考えてはいたのですが、”一番有効な使い方はピッチコストで相手の呪文をうち消すところ”にあると思っているため、使いすぎで実質マナスクリューみたいな状態になったり、後半に引いてきて使い物にならないみたいなことで負けの原因にもなるからです。(もちろん、打ち消せなくても相手のマナをしめつけるために使うし、通常コストで唱えることもあります) 一般的な感染の構築だと、『コンボ特化よりも半歩遅いコンボデッキ』感があり《目くらまし》を4枚にする意義をマキがあまり見いだせていないのもあります。

《狼狽の嵐》については、有効だと真っ先に浮かぶのはストーム系。それ以外にもスペルの打ち合いになれば真価を発揮するわけですが、打ち合いするときのことをよくよく考えると、感染側からアクションをとることが多いと思うので、それも見越したマナや手札が必要になります。相手のマナが溜まってくるとストーム数を稼ぐために自分から余計なアクションが必要になることがあります。
また、対象にとれるのはインスタントかソーサリーなので最近流行りの《最後の望み、リリアナ》といった致命的なカードに触れないのもこのカードの弱みだと思っています。
そのため、必要な時だけ使えるようにとメインには入れず、サイドボード行きとなっています。

Stifle
《もみ消し》はカウンターというか、擬似除去というか、このカードについては”狙い過ぎ”注意。
フェッチや不毛を消すことでリターンは大きいのですが、そのためだけに青1マナ立てておくにはなんとも心許ないし、攻めあぐる原因そうな1枚。
じゃあなんでメインにとってんの?って点ですが、グリデルとマッチするとお互いが消耗した上で トップ勝負になることが割とあって、その時の敗因ってこっちの攻め手の1つである《墨蛾の生息地》が不毛されてしまうことが多かったからです。
リターンが取れた時に大きいけど、複数枚引くと負けにつながるので採用は1枚まで・・・というところから1枚だけ採用していました。


■ドロースペル
brainstormGitaxian ProbeSylvan Library
いたってシンプルな《渦まく知識》、《ギタクシア派の調査》、《森の知恵》になります。

《渦まく知識》は4枚必須。キルターンが早ければ早いに越したことはなく、トップ3枚と好きなように入れ替えができるこのカードはそのまま相手を毒殺できる可能性も秘めているためです。

《ギタクシア派の調査》はちょい構えながらオールインできるレガシーであれば、どうしても相手の手札確認したいってケースが少なかった(少なくなってきた?)ため2枚のみ採用。
マナ使わずに相手のハンド確認しつつ”探査”に使える優秀なカードですが、次の不確定な1枚を引きに行くというなんとも頼りづらい一面もあるため少なめです。

そして《森の知恵》は言わずもがな強力なカードですね。マキの中では(自力でシャッフルできないという点で)《思案》と常にどっちを採用するか迷うのですが、場に出てしまえばあとあとマナを使わなくて済む《森の知恵》を採用しました。
ドロソが1マナだらけで《虚空の杯》なんかに引っかかって悶絶するのを少しでも軽減したかったのもあります。


■その他のスペル
Crop Rotation Green Sun's Zenith
まずは《輪作》!!
《墨蛾の生息地》、《ペンデルヘイヴン》といったところを持ってきてクロックを作り出すのが主流ですが、相手によっては《不毛の大地》を持ってくることもあります。基本的にはこれがあるおかげで土地単のようなデッキにたいしてかなり有利に戦えるんじゃないかと思っています。
サイド後を考えるとここから《ボジューカの沼》や《カラカス》といったカードを持ってきて相手の勝ち手段を封殺することもできるため、攻めにも守りにも非常に便利なカードですよね。
便利なカードであるがゆえに使いどころはしっかりと見極めないといけないですが・・・

そして《緑の太陽の頂点》については、クリーチャーの水増しが主な理由となります。
除去が厳しいデッキのため《巨森の蔦》を増やしたりするパターンもあるようですが、あの辺はクリーチャーが場にいないと作用しないカードなため捌かれきった後に引いても勝てません。
その点、頂点であれば直接場に《ぎらつかせのエルフ》をサーチでき消耗していく相手にとっては非常にツラい1枚になると思っています。現にこの大会の時は4cレオ相手に1本で3回ほど頂点を打たせてもらい、相手が消耗したところをきっちり勝てたため採用下糸がはっきりと出たところでもあります。
もちろんクロックを上げるために《貴族の教主》を持ってきてもいいですよ♪


■土地
Misty Rainforest Windswept Heath Wooded Foothills
《ドライアドの東屋》入れてる分があるのでフェッチは7枚です。正直2色デッキなのでこれだけあれば色事故しないだろうと思います。枚数は3-2-2にしているのですが、森絡みの土地が持ってこられればいいので枚数の配分とかフェッチの種類は大きく気にしなくてもいいです。
一応ですが、フェッチに《外科的摘出》うたれるとマナ供給が一気に厳しくなったりもするので4積みは避けたほうがいいと思います・・・が、マキの場合は《新緑の地下墓地》のFoilがないという理由でこの採用になっていますw

Pendelhaven Wasteland Dryad Arbor
《ペンデルヘイヴン》は、このデッキのクリーチャーと噛み合っていて採用しない理由はないです。
モダンが2積みなのに対して、1枚しか採用されないのは《輪作》があるということと、パンプスペルがより軽くて派手なのでどうしても必要になることが多くはないからだと思っています。

《不毛の大地》は、相手の厄介な土地だとか色拘束するために優秀な1枚となりますが、こいつからアクションをすることで攻め手に絡めることがあるので手なりで使わないようにしましょう。

《ドライアドの東屋》は、急に現れるブロッカーとして相手のクロックをずらすことができます。それ以外にも《ヴェールのリリアナ》や《悪魔の意図》と言ったエディクト避けにも効果を発揮し、たまにこいつが物理で相手を倒しますw攻めに守りに除去避けにと使用ケースが多く、場に出しやすいという点を買って採用しています。(手札に来ると悶絶しますが・・・)

Inkmoth Nexus Tropical Island Forest
それと青緑感染の基本セット。
《墨蛾の生息地》、《Tropical Island》、《森》については特に言うことはないような気もしますw
《森》がないせいで負けことがあるのでちゃんと採用しましょうwってことぐらいかな?

若干書き疲れてきてなんとも言えない文章になってたり、前回と比べるとカウンターのあたりとか微妙に濃かったりとまだまだ方向性がまとまってませんが今回はここまで!!

次回、サイドボード解説!!