はい、こんばんわ(*・ω・)ノ
マキですよー

やる気というより、早めに書ききっておかないとダレそうなので気合いで書き切ります。

本日はサイドボード編(サイドボーディングではないです)


烏丸マキ「青緑感染」
193大須店 デュアラン争奪レガシー(スイス4位)

《霧深い雨林》
《吹きさらしの荒野》
《樹木茂る山麓》
《墨蛾の生息域》
《ペンデルヘイヴン》
《ドライアドの東屋》
《不毛の大地》
《Tropical Island》
《森》

-土地 (19)-

《ぎらつかせのエルフ》
《荒廃の工作員》
《貴族の教主》

-クリーチャー (12)-
《激励》
《狂暴化》
《巨森の蔦》
《強大化》
《意志の力》
《呪文貫き》
《目くらまし》
《もみ消し》
《渦まく知識》
《ギタクシア派の調査》
《森の知恵》
《輪作》
《緑の太陽の頂点》

-呪文 (29)-
《ヴィリジアンの堕落者》
《屍百足》
《青霊破》
《狼狽の嵐》
《意志の力》
《原基の印章》
《四肢切断》
《外科的摘出》
《形成師の聖域》
《輪作》
《真髄の針》
《墓掘りの檻》
《ボジューカの沼》
《カラカス》

-サイドボード (15)-
@Raven.Maki


《ヴィリジアンの堕落者》
Viridian Corrupter
3マナのアーティファクト破壊、兼、感染クロックです。
クリーチャーであるためレガシーで主流な打ち消しもいくつかは無効化できますねw
主な使用相手としては赤プリズン含むストンピィ系、4cレオ、土地単系、デスタクと言ったところでしょうか・・・、《真髄の針》をケアするならどのデッキにも入るのでしょうが入ってるかわからなくて微妙なところでもあるので2本目に運良く見えたら入れるぐらいです。
割りたいのは《虚空の杯》、《抵抗の宝球》、《アメジストのとげ》みたいなマナを拘束してくるものが筆頭ですが、4cレオだったりのBUG系デッキにはだいたい採用されている《悪意の大梟》にも触れます。
4マナかかるものの《緑の太陽の頂点》経由で出せなくもないです。


《屍百足》
Necropede
2マナ1/1で回避能力こそありませんが、感染デッキとしては珍しく2対1の交換がとりにいけるカードだと思っています。グリデル、4cレオ、デスタク相手に使用しますが、赤プリズンのようなデッキ相手に《血染めの月》を置かれてしまっても召喚できるクロックとして期待しています。


《青霊破》
Blue Elemental Blast
こちらは《水流破》を好む人もいます。違いは『対象のとれるもの』ですよね。
青霊破・・・赤の呪文かパーマネント
水流破・・・呪文かパーマネント
効果がなくても対象にとれるから最悪墓地肥やしになる《水流破》ですが、その使い方は非現実的で超限定的な場面でしかないと思います。どちらでもいいか?と聞かれると結論は好みな部分もあるのですが、対象を変更される場合に変更先がかなり絞られる《青霊破》をマキは選びます。
対象の変更なんてよっぽどされないという点では、《水流破》の墓地肥やしと大差ないのですが、相手に干渉できる数少ないカードなので極力有効に使いたいという思いがあります。


《狼狽の嵐》
Flusterstorm
採用は1枚です。メインサイドあわせて2枚みたいなリストを見るのですが、マキの場合はメインに採用しない理由にも書いたのと同じ理由で2枚は使いづらいかなーと思っています。(使いこなせていないという表現が正しいのかもw)
コンボ系から、グリデル、4cレオといったデッキまでサイド後は幅広くサイドインしていきます。


《意志の力》
Force of Will
正直、この時の大会では1度も4枚目をサイドインすることがありませんでした。
「コンボ特化はブン回ったらしゃーなし、それよりも1対1できっちり触れるカードを」と言う考えでサイドボーディングをするようになったからです。
サイド圧迫するし4枚目はとらなくてもよかったかなとも思っています。(マキのプレイスタイルと考え方が前提な気がしますが)


《原基の印象》
Seal of Primordium
役割は置き物破壊で、《ヴィリジアンの堕落者》と概ね役割がかぶっていますね。エンチャントなので《狼狽の嵐》がかわせる!!(雑


《四肢切断》
Dismember
割と万能な除去。相手のサイド後のことも考えて、刺さりそうなら積極的に採用していく一枚です。
無色さえ出せれば唱えられるところもポイントで、カウンターなり構えながら動けるのも重要です。
グリデル、4cレオ、デスタクあたりには積極的にサイドインしたいカードです。


《外科的摘出》
Surgical Extraction
墓地対策その1。コンボのブンまわりは気にしないと言っても、一方的にやられるのもいやだし、他の墓地対はこちらに1度でもターンが来ていないと使えないものばかりなので、実質ノーコストで使えるこのカードを採用しない理由はないかなとまで思っています。
リアニ系はもちろんですが、土地単、ジャンドにも有効です。ストーム系にもとってもいい・・・かも?


《形成師の聖域》
Shapers' Sanctuary
最近登場して見事に感染のサイドボード入りを果たしたカードですね。
置きっぱなしにしておくことができれば、相手の消耗が早まるという何故か1マナのエンチャント。
対戦相手が非常に嫌がる、明示的にアドバンテージを取りに行けるカードです。
相性の悪いグリデルにはもちろん、その他の除去が多いデッキ相手にはためらわず入れちゃっています。


《真髄の針》
Pithing Needle
《魔術遠眼鏡》と対比されるカードでもありますが、マナコストの違いがやはり大きいため採用は針。
指定するカードが難しかったりしますが、一番止めたいのは《最後の望み、リリアナ》ですねw
グリデル、4cレオには入れてもいいかなーとは思うのですが結局大会中に一度も使わなかった1枚。

《墓掘りの檻》
Grafdigger's Cage
墓地対策その2。置いてしまうと割と安心できるけど、これを使う黒赤リアニってこちらの《墨蛾の生息地》用にサイドからなにかしらアーティファクトに触るカード入ってきたりするので慢心は禁物。
使いどころはリアニ、ストーム系と狭いものの墓地対策はしっかりしたほうがいいです。


《輪作》、《ボジューカの沼》、《カラカス》
Crop Rotation Bojuka Bog Karakas
サイドボードの土地パッケージです。
リアニ、土地単、ショーテルなどにしっかりとささるカードたちを《輪作》を増量することでデッキからしっかりとサーチしてきます。この土地パッケージ、一般的といえば一般的ですが、最近はこの辺りをとっていないものも見るようになりました。
マキはこの土地パッケージに絶大な信頼を置いているのでサイドから抜くことはないです。


さすがに分けて書いたとは言えこれだけの量書くのは疲れますねw
もうやりません!!

・・・ってのは嘘で、気が向いたら程度に更新していきます!!


コメントやTwitterのフォロー待ってまーす。

みなさんも良い感染ライフをヾ(´ω`=´ω`)ノ